男性と女性

飲食店の開業を成功させるなら資金調達の方法を知っておこう

  1. ホーム
  2. 訪日外国人による観光活性

訪日外国人による観光活性

グラフとお金

各所で様々な試み

近年ではインバウンドと呼ばれる訪日外国人観光客の需要が増しており、2016年では過去最多となる2400万人余りの方が訪日しました。インバウンドによる観光需要で、主要な観光地ではホテルの高稼働の状況が続いているほか、鉄道などの交通機関も増収が続いており、とりわけ新幹線に関しては各社で収入が伸びています。以前では観光地で外国人の姿を見ることは多くありませんでしたが、今ではどこに行っても外国人の姿を見ることができるといってもいいほど、インバウンドの需要は高まっています。これからも円安が続いていけば、インバウンドの需要は続いていくでしょう。そして、この追い風をチャンスにしようとしているのが観光業界です。現在、東海・北陸地方の各県において、「昇竜道プロジェクト」が発足しています。これは、東海・北陸の各県の地形を竜が上る姿に見立て、これらの県を周る観光プランを推進するものです。各旅行会社によりツアーが組み込まれたり、鉄道会社による割引切符の発売など、インバウンド向けの商品が販売されています。 また、サービス業界では英語や中国語などに対応できる従業員の配置や、案内板に多数の外国語を表記するなど、外国人にも分かりやすい表記の仕方に変更する取り組みも行われています。このように、インバウンドによる観光需要の波に乗ろうと、様々な業界で取り組みが行われています。外国人に日本を楽しんでもらうことは、日本人にとっても大きなメリットがあります。これはビジネスチャンスでもあり、ほかの国の文化にも触れ合う機会でもあり、海外の人々に日本を知ってもらうことになります。今後も、インバウンド需要の高まりを見越した、様々な取り組みが展開されることでしょう。