会社の利益をあげる秘訣は化粧品輸入代行業者選びにアリ

化粧品輸入代行業者の選び方[情報収集は大事]

化粧品輸入にはちゃんとしたフローがある

海外から化粧品を輸入するためには、化粧品輸入代行業者に依頼するのが一番です。しかしながら、依頼したことがない場合、どのようなフローになるのか不安に思いがちです。そんな企業のために、化粧品輸入代行業者へ依頼する流れをまとめてみたので今後の参考にしてみてください。

化粧品輸入代行の基本的な流れ

依頼

日本で販売したい海外の化粧品が見つかりましたら、化粧品輸入代行業者を探しましょう。多くの業者がサイトを開設していますので、インターネットで探すのが良いです。依頼したい化粧品輸入代行業者が見つかりましたら、早速依頼してみましょう。電話やメールで依頼することになると思いますが、急ぎであれば電話のほうが良いと思います。

安全性をチェック

業者側にて商品サンプルを利用して、日本国内の薬事法に抵触していないかどうかチェックします。薬事法に抵触していたら、日本国内で販売することができませんので、とても重要な作業となります。

薬事法関係の申請

調査に問題がなければ、薬事法に関する書類を作成します。作成が完了しましたら、必要書類を厚生労働省へ提出します。

輸入

申請を終えた後は、いよいよ海外から日本へ輸入することになります。通関に関する知識が要りますが、化粧品輸入代行業者のスタッフは知識が豊富なため、問題なく輸入することができるので安心して良いでしょう。

納品

輸入が完了しましたら、検品作業に入ります。問題のある化粧品を販売してしまうと、会社の信用問題に関わってきますので、この作業は欠かせません。検品作業が問題なく完了しますと、指定先の場所まで納品してくれます。

会社の利益をあげる秘訣は化粧品輸入代行業者選びにアリ

化粧品

費用を把握しよう

化粧品輸入代行はボランティアではありませんので、当然のことながら依頼する際に費用が発生します。どれくらい費用が発生するのかによって直接利益に関わってきますので、必ずチェックしましょう。費用の内訳が分かりにくい業者は避けたほうが無難です。どのような業務にどのくらいの費用がかかるのか明示してくれる業者であれば、信頼してよいでしょう。

実績があるか確認

一口に化粧品と言っても、様々な種類の化粧品が存在します。もし、輸入したいタイプの化粧品を過去に輸入代行したことがなかったら、問題なく輸入できるかどうか不安に思うことでしょう。過去にどのような種類の化粧品を輸入代行したことがあるのか確認するようにしましょう。輸入代行した化粧品の種類が多ければ多いほど信頼性が高いと言えます。

臨機応変に対応してくれるか確認

企業によって「通関までの手続きをしてほしい」「通関だけでなく物流に関する業務までやってほしい」など化粧品輸入代行業者へ依頼する目的は様々でしょう。目的に寄ってフレキシブルに対応してくれるかどうかチェックしてください。フレキシブルに対応してくれるのであれば、良きビジネスパートナーとなれるでしょう。

複数の業者を比較しよう

化粧品輸入代行業者によって特徴が異なりますので、メリットとデメリットの両方は必ずあります。どの業者が自社に適しているか見極めるためにも、色んな業者の情報を集めるようにしましょう。そうすれば、より信用できる業者に巡り合うことができるはずです。

広告募集中