海外の化粧品は化粧品輸入代行に依頼して手に入れるべし

メイクアップ

外国語ができなくても大丈夫

海外から化粧品を輸入するとなると、海外の化粧品メーカーとやり取りしなければいけません。そうなると、英語など日本語以外の言語でやり取りする必要があります。外国語が堪能な人材が自社に在籍していればいいのですが、そのような人材がいないことがほとんどでしょう。化粧品輸入代行業者へ依頼すれば、外国語ができるスタッフが代行で海外の化粧品メーカーとやり取りしてくれますので安心することができます。

化粧品

輸入の手続きをしなくてもよい

海外の化粧品を輸入する際、薬事法に関する手続きや通関手続きが必要になります。薬事法に関する知識や貿易に関する知識が必須なため、輸入するだけでも一苦労です。しかしながら、化粧品輸入代行業者へ依頼すれば、これらの面倒な手続きを全て代行してくれます。専門知識がある人材の育成や雇用の必要が無くなるのは大きなメリットでしょう。人件費の節約にも繋がるのです。

女性

製造販売業の許可を取らなくて済む

自社で化粧品輸入をして販売するためには、化粧品の製造販売業の許可が必須となってきます。この許可を取得するためには、有資格者が在籍していることなど、様々な要件が必要になり、取得するまでに数ヶ月を要することも珍しくはありません。化粧品輸入代行へ依頼すれば、製造販売業の許可を取らなくてもよくなるので、日本で販売するまでの期間を短くすることが可能になります。

業者によく寄せられる質問

メイクアップ

初めてでも大丈夫ですか?

化粧品輸入代行業者は、化粧品輸入に関する知識が豊富なので、初めて依頼する場合でも問題ありません。問題なく販売できるようになるまで、きめ細やかなサポートをしてくれるでしょう。

小ロットでも依頼可能ですか?

業者によっては小ロットでの依頼も対応できるところがあります。高価な化粧品を輸入する場合は、売れ残って大量に在庫が残っているというリスクを避けるためにも小ロットで依頼したほうがよいでしょう。

化粧品に業者の名前を載せる必要がある

化粧品輸入代行業者を利用するにあたり頭に入れておくべきことがあります。それは製品表示です。化粧品の製造販売許可を取得しているのは化粧品輸入代行業者となりますので、化粧品に自社の名前と連名で化粧品輸入代行業者の名前も載せる必要があります。

手間を省きたいなら業者へ依頼しよう

先述のとおり、自社で直接海外から化粧品を輸入するとなると、何かと手間がかかりますし、時間もかかります。場合によっては販売計画にも狂いが生じてしまうこともあるでしょう。確実に安心して日本で販売するためにも、化粧品輸入代行業者を活用しましょう。そうすれば、結果的に自社の利益がアップすることに繋がるのです。

[PR]
優良化粧品輸入代行業者をpickup☆
サービス内容が豊富☆

広告募集中